夢想
巷の出来事”また夢の如し”
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Windows Vista は如何に!
Windows Vista が販売されて

TVで見ていましたが、大阪での販売店でロープまで張って順番の列を作りましたが、並んだのは3人だけ。

情けない・・・消費者の皆さんは・・XPで懲りています。
不具合の連続で、修正プログロムで疲れ果てましたネ

今回はXPの轍は踏まない・・私も同じで・・飛びつかない。

半年か、1年後に買いますか?
Windows Vista 人気は盛り上がりに欠ける。
皆さんは如何にお考えか?
スポンサーサイト
Windows Vista
Windows Vista Service Pack 1で,SSTPという,新しいVPNテクノロジを採用する予定だ。SSTPはSSLであり,ファイアウオールのルールを変更しなくても,ファイアウオールを越えるVPNを構築できるようになる。

VistaのSSTPは,接続を大幅に簡単にするために設計された,SSLベースのクライアントとサーバー間のVPNトンネリング・プロトコルである。SSTPは標準のHTTPポートを利用する。そのため,クライアントがNAT環境にあって,Webプロキシ・サーバー経由またはWebのトラフィックだけを許可されているようなファイアウオールの内側に存在する場合でも,SSTPトラフィックはネットワークを越えて,エンドポイントのサーバーに到達できる。

ユーザーにとってSSTPは大いに役立つことであろうが
私はまだVistaに移行する考えは無い。
半年はXPと一緒でトラブルが続くと思う?

Vistaを支える
フラッシュメモリーを使ってパソコンの処理能力を向上させようというのがWindows ReadyBoost。こちらはフラッシュメモリー内蔵ハードディスクを備えていないパソコンでも利用できる。

Windowsではメインメモリーの容量が足りなくなった場合に、HDDの一部を仮想メモリーとして扱い、使っていないデータを退避させる。このやり取りをスワップ、退避されるデータをスワップファイルという。

ReadyBoostは、パソコンに挿し込んだフラッシュメモリーが仮想メモリーと同じように働く仕組みだ。具体的には、メインメモリーから退避されたデータ(スワップファイル)をHDD(仮想メモリー)に移すときに、フラッシュメモリーにもそのコピーを置く。このためフラッシュメモリーを突然引き抜いても、データが失われることはない。

Windows Vistaが自動で空き容量やアクセス速度を測り、ReadyBoostに利用可能か否かを判定してくれる。

VistaにはReadyBoostの設定項目が追加され、キャッシュとして利用する領域の大きさを変えることが可能だ。
漆塗りに蒔絵装飾、純和風LUMIX
松下電器産業は、コンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-FX07」に特殊塗装を施した試作品を、千葉市の幕張メッセで開催中の「CEATEC JAPAN 2006」で展示している。金属きょう体の表面に漆を塗布し、蒔絵で装飾を施してある。会津塗りの技法を金属製品などに応用することで知られる坂本乙造商店(本社:福島県会津若松市)が加工を担当した。
Windows Vista RC
マイクロソフトは、Windows Vista RCについての報道関係者向け説明会を開催した。説明会ではベータ2版からの変更点や、今後のスケジュールなどを紹介した。

 RC1はベータ2版に比べて、動作の安定性やパフォーマンスが大幅に改善されているという。同社はRC1を開発やテストの最終段階と位置付け、パートナー各社やITプロフェッショナル、パソコンの操作に習熟した個人ユーザーに対して、RC1のテストに参加するよう呼びかけた。

RC1はすでに9月6日から、「カスタマープレビュープログラム」(CPP:Customer Preview Program)の登録ユーザー向けに公開が始まっている。現在、ベータ2版の公開時にCPPに登録したユーザーに対して、順次ダウンロード用WebサイトのURLや作業手順などを掲載したメールが送信されているところだ。

今後、RTM(製造工程向け)版の公開を経て、2006年11月には企業向け製品、2007年1月には個人向け製品の提供を開始する
googleが無効クリック公開
Googleは,多くのクリック詐欺コンサルタントが実際の広告クリックを測定するのではなく,Webページへの訪問数などのデータを材料にしていると指摘。その結果,Webページの再読み込みや,広告から移動した広告主サイトへの訪問もカウントしているため,無効クリック数が積み重なると説明する。

ユーザーが広告主のWebサイトを閲覧して「戻る」ボタンをクリックした場合,元のページは再読み込みして表示される可能性があり,クリック詐欺コンサルタントはこれをカウントする。実際には,Googleの広告はクリックされていないにもかかわらず。

コンサルタントがユーザー行動追跡のために,広告主の広告ネットワーク内でクッキーを利用することがあるが,これも余計な重複クリックをカウントする要因になるという。

考えるに詐欺の方が頭がゞ( ̄ー ̄ )イイッテバ


トラックバックの活用
ブログにおける記事の書き込みや投稿、管理などは、従来の電子掲示板を扱うような手軽さだ。しかし、電子掲示板やメールにないブログの特徴に、トラックバックと呼ばれる仕組みがある。

ある商材を取り上げたブログに対するトラックバックを見ることで、反響や評判などをつかむことができる。トラックバックは商材を販売するメーカー側が管理・拘束できないので、ユーザー同士の口コミに近いものになる。

ブログ構築に当たってはパッケージ型のツールを利用するのが一般的だ。しかし、インストールするサーバーの運用管理や、ブログを表示するためのCGIなどの専門的な知識が必要になる。スキルに自信がなければ、ベンダーが提供するビジネスブログのASPサービスを利用するのが手っ取り早いだろう。パッケージ型より初期コストを抑えられる上、サーバーのメンテナンスなどはすべてベンダーが管理してくれるので、運用コストも削減できる。

blogの活用はビジネスにも多用するであろう。
ブログ、パーマリンク
ブログを利用しているとよく出てくるパーマリンク。
響きだけ聞くとかわいらしいこの名前。意味はというとその記事のURL(アドレス)のことを指します。
パーマリンクを取り入れているサイト、パーマリンクを取り入れていないサイトの違い。

パーマリンクとはブログで言う記事単体を指しますから、製品を掲載している場合は製品ページ。つまりパーマリンクを取り入れているサイトというのは製品一覧があり、製品詳細まで作成しているウェブサイト。
逆に取り入れていないウェブサイトは製品一覧のみで完了してしまっているウェブサイト。

たとえ一覧で製品詳細ページと同じ説明文を掲載していたとしても、パーマリンクがあるウェブサイトとないウェブサイトではいままでも、そしてこれから大注目されるであろうWEB2.0という概念でも大きく異なってきます。

それは、製品詳細ページを作成することにより、個別にURL(アドレス)がもてるからです。
ユーザがその製品にとても魅力を感じ自身のブログやウェブサイトで製品を紹介した場合にパーマリンクがあることにより、製品詳細へリンクを張ることが出来ます。

くさやにもあるんだ。
検索エンジンGoogle、Yahoo! 差は9.7%
最近の Google は他の検索エンジンがとても追いつけないくらい速いスピードで、次々と新しいオプションを打ち出している。

電卓機能の強化もそのひとつで、人生のあらゆる問題が Google で解決しそうな勢いだ。

Google のユーザー数はどのくらい伸びているのだろうか。

Google の検索機能のユーザー調査によると、普段使っている検索サイトの1位は「Yahoo!」、2位は Google で、その差はわずか9.7%に迫っていることがわかった。

調査対象は、全国10代~60代の全国インターネットユーザー300人。男女比は男性50%、女性50%。年齢層分布は、10代3.3%、20代27.0%、30代38.0%、 40代22.0%、50代8.3%、60代1.3%。

ユーザーが普段検索に使っている検索サイトの1位は「Yahoo!」50.7%(152人)だが、 2位は Google 41.0%(123人)で、その差はわずか9.7%。

因みに私はGoogleを使っております。何でYahoo!なのか解らない?
.htaccessを使ったerrorページ
errorページとはズバリそのまま、サイト内またはサーバー内にてerrorが起こった時に表示されるページのことです!

エラーページといっても、実は様々なエラーの種類があります。そして、そのエラーの種類によって 表示されるページも異なってくるのです。
一番多く目撃するのが「404エラー」と呼ばれるものです。 皆さんもページを見たことはないでしょうか?きっとありますね。
404という番号に注目していただきたいのですが、404という番号の場合 これは、「サイト内に表示できるURLがないです」といっているエラーなのです。
主なエラー
403エラー・・・アクセス権が無い場合に表示されます。
404エラー・・・ページが見つからない場合に表示されます。
500エラー・・・CGIにエラーが起こった場合に表示されます。

このようなページが出たら、当然訪問者は帰ってしまいますね。
そこでエラーページは自分で作るということです!
自作したエラーページにリンクを貼り、自サイトに導く、これですよ。

そこで.htaccessを使ってやって下さい。
後は自分でお勉強してくださいね!

くさやHPに作ってありますが解りますか?

テーマ:情報・知恵・知識 - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2005 夢想 all rights reserved.
くさやを食べよう.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。