夢想
巷の出来事”また夢の如し”
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
検索エンジン:神の領域
検索エンジンでの”神の領域とは”

SEOの世界で、センテンスマークアップ、アンカーテキスト、リンク最適化等、色々なやり方で検索上位を目指し、日々努力、日々模索して、泣き笑いの世界ですが、キーワード上位の方法が100%解明出来ないのが現状で、やり過ぎればスバムで落とされ永久に陽の目を見る事も無いでしょう?だから、有料のSEO対策や登録サイトがドンドン増えているのでしょう。Google,YST.MSNの検索エンジンも手の内明かさない、永久にこの繰り返しでしょう。だが、風評に検索エンジンにも神の領域が有り、神になったサイトは、そのキーワードは全ての検索サイトにおいて、1位であり、Google,YST.MSNの検索エンジンの更新時も神のサイトは微動だにしないという事らしい。本当にあるのでしょうか?神の領域が?その日その日を一喜一憂する事無く、神の領域を目指しましょう。月よりもなお、遠いものかも知れない。
スポンサーサイト
Googlewashing
自分のサイトが消え、 “コピー”サイトが検索エンジンのリスティングで表示されたら、泣きっ面に蜂だ。

これは「Googlewashing」の例だ。今、コンテンツ事業者の多くにとって深刻な問題になっている。

「Googlewashing」とは、「Google」と「brainwashing」(マインドコントロール)を合成した用語だ。

Web に掲載した記事が誰かにコピーされ、あたかもその盗作者が書いたかのように掲載されたら、かなり気分が悪い。まして、同じ語句を使って検索エンジンで検索すると、その盗作者の Web ページのほうが自分のページより上位にランキングいるとしたら、まったくひどい話だ。

盗作者のページがオリジナルページより上位に来る問題は、「Googlewashing」と呼ばれている。この問題は、友人が無邪気に記事を抜粋し、合法的にオリジナルページにソースとしてリンクさせたとしても、特定の用語で検索すると、オリジナルの Web ページが Google のトップ10のリスティングから外れてしまう、といったことが起きるほどひどいものだ。

このような事がまかり通って良いのでしょうか?

まがいものによりサイトが消される

早く、対処して欲しい。

詳しく知りたい方はこちらから
copyright © 2005 夢想 all rights reserved.
くさやを食べよう.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。