夢想
巷の出来事”また夢の如し”
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Vistaを支える
フラッシュメモリーを使ってパソコンの処理能力を向上させようというのがWindows ReadyBoost。こちらはフラッシュメモリー内蔵ハードディスクを備えていないパソコンでも利用できる。

Windowsではメインメモリーの容量が足りなくなった場合に、HDDの一部を仮想メモリーとして扱い、使っていないデータを退避させる。このやり取りをスワップ、退避されるデータをスワップファイルという。

ReadyBoostは、パソコンに挿し込んだフラッシュメモリーが仮想メモリーと同じように働く仕組みだ。具体的には、メインメモリーから退避されたデータ(スワップファイル)をHDD(仮想メモリー)に移すときに、フラッシュメモリーにもそのコピーを置く。このためフラッシュメモリーを突然引き抜いても、データが失われることはない。

Windows Vistaが自動で空き容量やアクセス速度を測り、ReadyBoostに利用可能か否かを判定してくれる。

VistaにはReadyBoostの設定項目が追加され、キャッシュとして利用する領域の大きさを変えることが可能だ。
スポンサーサイト
copyright © 2005 夢想 all rights reserved.
くさやを食べよう.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。