夢想
巷の出来事”また夢の如し”
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くさや逸話
くさや逸話

1698年、五代将軍時世の逸話として風刺画を描いて流刑に処せられた画人・英 一蝶と、友人の俳人・宝井 其角の交流内容にくさやは話が触れられていて、日本橋の魚河岸に島から送った、くさや干物のなかに竹の葉が入っていたら、一蝶は未だ生きていると無事の便りの証の連絡に使ったそうです。この時代日本橋にくさやは送られ一般庶民の間にも、くさやは食されていたようです。またくさや起源は室町時代と言われています。新島の原町火事で資料は全て焼け文献はありません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 夢想 all rights reserved.
くさやを食べよう.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。