夢想
巷の出来事”また夢の如し”
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
狙われるWindows
狙われるWindowsの脆弱性、攻撃手法が続々、警告相次ぐ

セキュリティ組織やベンダー各社は、12月末に公表されたWindowsの脆弱性(セキュリティ・ホール)を突く攻撃が次々出現しているとして注意を呼びかけている。英Sophosでは、200を超える攻撃手法(攻撃用のメールやWebサイト)を確認しているという。

攻撃手法はフィッシングと似ている。メールやIM(インスタント・メッセージ)に記述したリンクを使って、悪質な画像ファイルを置いたWebサイトへユーザーを誘導する。脆弱性の回避策を施していないWindowsマシンでそのようなサイトへアクセスすると、悪質な画像ファイルが勝手にダウンロードされて、中に仕込まれたプログラムが動き出す。ほとんどの場合、プログラムの実体は、別のサイトから悪質なプログラム(ボットやスパイウエアなど)をダウンロードして実行する。

ユーザーを誘導するメールやIMの内容はさまざま。フィッシング同様、ユーザーが思わずクリックしたくなるような文章が書かれている場合が多い。スパム(迷惑メール)と同じように不特定多数へ向けて送られることがほとんどだが、何らかの方法で入手したリストに基づいて、特定のユーザーへ送られているケースも確認されているという。

今後も増えるであろう攻撃に、自己防衛で対処するしかないか?
永遠に続く問題かと思う、これも又、夢幻か”

詳しくはこちらで

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 夢想 all rights reserved.
くさやを食べよう.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。