夢想
巷の出来事”また夢の如し”
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤフーと三井住友銀行、ジャパンネット銀行
ヤフーと三井住友銀行、ジャパンネット銀行は3月30日、資本提携について合意したことを正式発表した。ヤフーは、三井住友銀行が今年9月までに設立するジャパンネット銀行の持株会社へ出資することで、ジャパンネット銀行に資本参加する。

三井住友銀行が設立する持株会社は、ジャパンネット銀行の株式の57%を保有する。ヤフーは今年9月までに25億円を投じ、持株会社の株式の14.9%を、三井住友銀行から譲り受ける。

ヤフーは強かだ”


スパイウェアキラー最強
Microsoftは、今年中にWindows XPの待望の後継製品となるWindows Vistaをリリースする。このOSは、スパイウェアの侵入を防ぐような設計となっており、OSとInternet Explorerの心臓部に重要な変更を加えられるほか、スパイウェア対策ツールのWindows Defenderも組み込まれる予定だ。

ワンクリックウエア続きの続き
セキュリティ組織やベンダーには,ワンクリックウエアに関する相談が多数寄せられているという。

ワンクリックウエアをインストールされても,相手にしてはいけない。言われたとおりに支払っても,メッセージは消えないという。慌てることなく,セキュリティ・ソフトなどを利用する,あるいはセキュリティ組織/ベンダーなどに相談するようにしたい。

ネット犯罪は増えるばかりか!
くさやを食べて元気な夢想
ワンクリックウエアその次
ワンクリックウエアをインストールしてしまうと,パソコン画面には数分おきに,あるいは継続して警告メッセージが表示される。例えば,ご入会ありがとうございます。本日より×日以内にご入金ください。や警告!入金されていません。すぐに入金してくださいといったメッセージが表示される。

また,パソコンからメール・アドレスなどを収集し,外部に送信するワンクリックウエアもある。ワンクリック詐欺の犯人は,このアドレスを使って,請求書などをメールで送りつける。

充分気を付けて下さい。この手は切りが無い。あの手この手で来る!

巷の出来事、夢のまた夢か
ワンクリックウエア
日本特有のスパイウエアといえるワンクリックウエアが大きな問題になっている。ワンクリック詐欺で使われる「ワンクリックウエア」が国内では流行しているという。

ワンクリックウエアとは,料金請求や“脅し”のメッセージなどをパソコン画面に表示するプログラムのこと。悪質なWebサイトへアクセスするとダウンロードされる。通常は,ユーザーがブラウザなどの警告メッセージに対して「OK」ボタンなどを押さない限りインストールされない。ただし,ブラウザなどのセキュリティ・ホールを突かれて,勝手にインストールされる場合もある。

いい加減にしろと、言いたくなるが!
バナー広告
商品画像の数を限定し、各商品についての説明もそこそこ書いてあるのに、そのページの上と下に、提携ショップのバナーや相互リンクサイトのバナーがずらっと並んでいるサイトをよく見かけます。やめた方がいいですよね。せっかくの良いHPが台無しになりますね。

バナーは、ほとんどクリックされないことが分かっていますから、いくら貼り付けてもそれほど儲かりません。わずかなクリック報酬を得ようとしているのでしたら、今すぐバナーをはがした方がいいですね。それはバナーは、サイトの雰囲気をぶち壊してしまうからです。わずかな利益を得ようとして、自分の商品が売れるチャンスをつぶしているようなものです。

わずかな利益より大きな夢を!

セキュリティ対策
セキュリティ対策ソフトをインストールしただけでは、安全ではありません。新種ウイルスの感染を防ぐためには、「定義ファイル」を常に最新にしておく必要があります。セキュリティ対策ソフトは、ファイルを取り込むときに、定義ファイルと照合し、安全性をチェックするため、定義ファイルが古いと新種ウイルスを阻止できません。

たまには、自動診断ツールで診断して安全にお使い下さい。

自動診断ツール(無料)はこちらから
グーグル、ウェブサイト作成サービス
Googleは2月23日、ブラウザ上でウェブサイトが作れるサービスPage Createrを公開した。Googleが実験中のサービスを公開するGoogle Labsからアクセスできる。

Page Createrは無料のオンラインツールで、Googleのアカウントを持つユーザーなら誰でも利用できる。ユーザー1人あたり100Mバイトの容量が割り当てられており、ウェブ上で直接タイトルや本文を編集したり、画像をアップロードしたりすることが可能だ。サイトは英語版のみとなっているが、日本語も入力できる。入力した内容は自動的に保存される。

作成したサイトのURLは、http://○○.googlepages.com/(○○の部分にGoogleのアカウント名が入る)となる。

このサービスは結構使えると思う!
NTT東日本の顧客情報が流出
NTT東日本は2月24日、同社の業務委託先社員の自宅にあるパソコンがウイルスに感染し、NTT東日本NTT西日本の顧客情報および社員情報がファイル交換ソフトWinnyによりインターネットへ流出したと発表。

ウイルスに感染したのは、NTT東日本栃木支店の業務委託先であるNTT東日本-栃木の社員が自宅に保有するパソコン。同社員はこのパソコンへ顧客情報などを社内から持ち出して保管していた。21日に総務省からNTT東日本に対し情報流出についての連絡があり、社内調査の結果23日に事実と判明した。

怖い世の中である。安全は何処にある?


インターネットのセキュリティ対策
 今や、どのような人であっても、インターネット接続は日常に不可欠だ。しかし、インターネットには、不正侵入や、迷惑(スパム)メールなどセキュリティに対する不安が常につきまとう。

インターネットのセキュリティ対策を万全にしようと思うと、高度な専門知識が必要であり、大変な手間と工数がかかる。加えて、新種のbotやスパイウエアなど、これまでになかった脅威が次々に登場してきている。常に最新の情報をフォローし、セキュリティ対策を講じる必要があり、なかなか対応しきれないのが現状だ。

いつまで続くのか、この問題!

copyright © 2005 夢想 all rights reserved.
くさやを食べよう.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。